普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 辻本清美国会議員問題で見えて来た新たな疑惑。

<<   作成日時 : 2017/04/06 01:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

辻本清美国会議員問題で新たに見えて来た疑惑とは。

民進党は報道各社にに対して、辻本清美氏は、森友学園
問題に関与していないとのFAXを送った。

すると、辻本清美議員の問題は、一部の報道機関を除い
て、大多数の報道機関が即座に報道を中止したのだ。

そのことを知った多くの人達が怒るのと同時に、報道機
関は民進党に脅かされているのだと感じたのだ。

自民党をひつこく追い回す報道機関が民進党の鶴の一声
で、報道を中止するのには、よほど怖い事があったので
はないかと思ったら、すぐ、分かったそうだ。

怖い事とは、約30 年前に朝日新聞の西宮支部が赤報隊
というテロ集団に記者達が銃で撃たれるという痛ましい
事件の事である。

当時、巷では、事件の犯人が左翼を狙ったように報道さ
れているが、犠牲になった記者は正義感の強い若者で、
拉致事件や慰安婦問題を調査していたので、殺されたの
ではないかと多くの人達が思っていたそうだ。何故なら、
社会党の土井たか子国会議員は、北朝鮮による拉致事件
を応援するのと同時に隠蔽していたからだ。

民進党は当然のごとく、報道各社に報道をするなとは絶
対に云えないから、FAXで事件に関係ないとの暗号文を
送ったと推察出来る。

何故なら、自民党や他の議員に疑いが生じれば、国会で
説明しろとか、証人喚問せよという民進党が、報道機関
にFAXへ送り終わりにする不合理さからも、民進党と赤
報隊と辻本国会議員繋がりが浮かび上がったのだ。

もし、民進党がFAXを送らなかったら、赤報隊との関係
は分からなかったのだ。

このテロ事件の真相を知っている報道機関の人たちは、
辻本問題を報道すると、自社の支店が襲われるとの恐怖
から、即座に報道を中止した、と、多くの人たちが疑念
を抱いたのだ。

そして、此の事から、民進党と赤報隊とは深い繋がりあ
るのではないかと多くの人達が疑念を抱くようになった
のだ。

もしかしたら、30年前の凶悪を逮捕出来るかもしれない
チャンスが到来したのかも知れない。

ことは国会議員に関わる事件である。国会は、民進党と
辻本清美国会議員らを国会で証人喚問するべきだ。

共産党は反対しないだろう、何故なら、30年前の大事件
を解決するための喚問だから反対する理由が無いからだ。

テロ事件を防止する為にも、30年前の事件を解決しなけ
ればならない。

報道機関も反対しないだろう、犯人を逮捕したら二度と
支店を攻撃されないから、安心して報道出来るからだ。
以上。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
辻本清美国会議員問題で見えて来た新たな疑惑。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる