普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 国の政策で避妊手術を強制された人達を国が救うべきだ。

<<   作成日時 : 2018/05/28 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国の政策で避妊手術を強制された人々に対して、
被害者が国を訴える前に、国が自ら暖かい手を
差し伸べて被害者を救済するべきだ。

国が迅速な救済行動を行わない為に、弁護士が
180人体制で被害者を救おうとしている。だが、
弁護士が関与すると、解決するまでに、弁護士
費用が嵩み、長い年月がかかり、被害者にとっ
て望ましい事ではない。

そこで、原告と国が裁判をせずに話し合って賠
償金など決めるべきだ。何故なら、解決が非常
に早くなるからだ。

賠償金額については裁判官でない者には分から
ない。また、被害者が弁護士に支払う金額も分
からない、分かっている事は、弁護士に支払う
金を被害者に分けて上げる方が最も良いため、
弁護士を入れない、裁判を行わない方法で原告
と国が話し合いで決めるべきだ。以上。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国の政策で避妊手術を強制された人達を国が救うべきだ。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる