普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 国は作りすぎた弁護士救済に旧優生保護法を違憲と認めない。

<<   作成日時 : 2018/06/15 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

旧優生保護法は違憲で違法であるの
は間違いなく、司法に任すのではな
く、国が自主的に解決せよ。

旧優生保護法により、知的障害を理
由に不妊手術を強制的にされた女性
たちが国に対して救済や立法措置を
怠ったのは違法として、国に損害賠
償を求めている。

被害者を救済するためには、年齢を
考慮すると早急に解決する必要があ
るのだ。

だが、国は原告の請求却下を求めて
いるが、請求却下は絶対に認められ
ないのは明らかなのに、国が請求却
下を求めているのは、大量に作った
弁護士に仕事を与える為の行為で、
被害者や国家国民の為ではない。

国は裁判を簡単に終わらせ、一日も早
く、被害者を救済するべきだ。以上。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国は作りすぎた弁護士救済に旧優生保護法を違憲と認めない。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる