普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島県と岡山県の豪雨災害被災地の大胆復興計画。

<<   作成日時 : 2018/07/13 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

広島県と岡山県の豪雨被災地の復興は、
最初から大胆な復興計画を行わなけれ
ば、何度でも同じような災害が発生し、
多くの市民を殺す事になる。

大胆な復興計画。
1、広島県の場合、土砂災害が発生し
やすい山、特に、水源地とならない瀬
戸内海側に面した山々を平地か高台に
なるまで切り崩し、工業団地や公園な
ど様々な施設を作ることで、二度と土
砂災害は起こらない。

2、岡山県倉敷市真備町の復興計画、
(1)広島の山々を削り取った土砂を
真備町に埋め立てる。
(2)家屋の土台をコンクリート製に
した高床住宅にする。

無論、堤防を作る方法もあるが、今回
の浸水した水の量から考えると、堤防
をどんなに高くしても堤防は決壊する
ので最善の策ではない。また、浸水は
小田川からだけではない、真備町は川
の底より低いために、方々の小さな川
から流れ込み溜め池状態になり、水害
を防ぐことができない。真備町を水害
から永遠に守るためには、上記の(1・
2)方法が有効である。以上。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広島県と岡山県の豪雨災害被災地の大胆復興計画。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる