普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS カジノ法案が成立するがギャンブル依存症は自己責任だ。

<<   作成日時 : 2018/07/21 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カジノ法案が成立するのは確定的だ。
だが、ギャンブルは国民全員が行う
ものではなく、特殊な遊戯で違法性
もあるため、ギャンブル依存症の治
療や犯罪賠償金及び設備などに係わ
る全ての費用について、ギャンブル
をしない国民が納めた税金を強制的
に使うのは不平等であり、憲法違反
の可能性が濃厚だ。

ギャンブル依存症に係わる全ての費
用は、ギャンブル依存症を発症させ
る遊戯により利益をえる者の自己責
任である、即ち、カジノ、パチンコ、
競輪、競馬、競艇、宝くじ、ロトく
じ等の開催者が支払うべきだ。支払
う方法は、売り上げ金の35%を国に
税金として納付させる。

国民には、ギャンブル依存症に係わる
全ての費用に付いて支払う義務は無い。
以上。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カジノ法案が成立するがギャンブル依存症は自己責任だ。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる