普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ギャンブルする者は依存症になった時の為に保健組合を作る。

<<   作成日時 : 2018/07/22 01:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カジノやパチンコ等でギャンブル依存症
になるのは自己責任である。何故なら、
多くの国民がギャンブルを悪と考えてい
るからだ。

ギャンブルをする者は、ギャンブル依存
症になった時のために、全員が強制的に
保健に入る義務を負う保健組合を作る。

保健組合とは、国民保険と国民年金と合
体したような保健組合で、ギャンブル依
存症患者の治療費支払い、依存症患者が
犯した犯罪の賠償金支払い、生活費が無
くなった場合に生活保護費を支払う、等、
ギャンブル依存症に係わる全ての費用の
支払いを行うなど、ギャンブル依存症患
者の面倒を見る保健組合。

被保険者の保険金納入方法は、賭け金か
ら10%天引する。賭け金が100円なら、
10円天引する。天引した保険金をギャン
ブル経営者が保健組合に納入することか
ら、客は保健組合に直接納入する必要が
無いため、賭け金から天引きされたこと
で損した気分にはならない。

ギャンブル経営者とは、カジノ、パチン
コ、競輪、競艇、競馬、宝くじ、ロトく
じ等である。

年間に被保険者全員が保健組合に天引き
納入する金額は数兆円になり、依存症患
者の面倒を充分に見られるだろう。

また、ギャンブルをしない人達が納入し
た税金をギャンブ依存症関係に使われな
くなるだろう。

無論、国民は、国民が納めた税金をギャ
ンブル依存症関係に使われる事を許さな
いだろう。以上。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギャンブルする者は依存症になった時の為に保健組合を作る。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる