普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 国会は都道府県市町村職員に災害通知業務を付託せよ。

<<   作成日時 : 2018/07/25 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

災害通知業務とは、都道府県市町
村職員は、受け持ち地区に災害が
発生するとの予見が可能になった
場合、職員は、受け持ち地域の各
家々を訪問し、災害発生の可能性
を告知し、避難指示を行う業務で
ある。

災害が起こる度に問題になるのは、
被災者たちが、災害が起こる事を
を知らなかったである。

言葉を言換えると、被災者は災害が
起こるのを知っていたら、災害を未
然に防げたり、被災しても、被害を
最小限に食止めれたである。

と言うことは、被災しないようにす
るためには、住民全員が災害が起こ
る事を知る必要がある。

住民全員が災害が起こることを確実
に知るためには、町の職員が各家庭
を訪問して、災害が発生することを
伝えることだ。

以上のことから、都道府県市町村の
災害を未然に防いだり、災害が起こ
っても、被災を最小限に抑えられる
のは、都道府県市町村の公務員が各
家庭を訪問して、災害が起こる事を
説明し、避難指示を行う事が、最も
効果的な手段であることが判明した。

倉敷市眞備町の場合は、町の職員が
各家庭を訪問し、眞備町は、小田川
の底より低く、もし、堤防が決壊し
たら、各家々の二階の上部まで浸水
すると、伝えていたら、住民は全員、
避難していただろう。

町民全員に伝えるのは難しいと町の
職員は難色を示すだろうが、町民の
命を守る強い気持ちがあれば出来な
い筈が無い。

これからの都道府県市町村の職員は、
災害が予見出来次第、災害を最小限
に抑える為の業務として、受け持ち
地域の各家庭を訪問し、災害警報を
伝え、避難指示を行うべきだ。

そこで国会は、都道府県市町村職員
に災害通知業務を加える法律を作る
べきだ。以上。







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国会は都道府県市町村職員に災害通知業務を付託せよ。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる