普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 山根会長と田中理事長の思考と行動はまるで外国人だ。

<<   作成日時 : 2018/08/04 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日大の田中理事長とボクシング協会の
山根会長の思考や行動は、どう見ても、
日本人の思考と行動でなく、外国人的
である。

何故なら、日本人なら、自分の不正が
明らかになったり、責任を果たさなか
ったら、辞任する。だが、田中理事長
と山根会長は、トップとしての責任を
果たさず、不正を行っていながら、何
が悪いのだと開き直り、辞任しないか
らだ。

田中理事長の辞任に値する行為は、ア
メリカンフットボール部員が秋の大会
に参加出来るようにしなかったこと、
これは、アメリカンフットボール部員
の未来を閉じた罪深い行為だからだ。

山根会長の辞任が避けられない行為は、
成松選手個人に与えられた功労金(2
40万円)を他の2選手と3当分(一人
80万円)せよ命令したこと。

また、成松選手が3当分を嫌がっても
強引に3 当分させたことだ。それがば
れそうになると、部下の女性を使って
隠蔽工作をしたことだ。

そして、隠蔽が叶わぬと気付いた会長
は、自らの資金で賠償しようとした。
だが、この賠償にも問題がある。この
賠償金は会長から成松選手に対しての
贈与になり、受け取ったら全額贈与税
が掛かるため、成松選手は受け取れな
いのだ、いや、受け取っては成らない
金なのだ。

成松選手が受け取れる金は、二人の選
手に分け与えた金を会長が取り戻した
金なら、正々堂々と受け取れるのだ。

成松選手に与えた功労金を私物化し、
強制的に他の2選手に分け与えさせた
山根会長の行為は、地位を利用した強
奪で、会長として、人間として、法律
的にも、絶対に許し難い行為で、山根
会長の処遇は辞任か罷免しか無い。
以上。









月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山根会長と田中理事長の思考と行動はまるで外国人だ。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる