普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西空港建設は東南海大地震大津波災害を想定していない。

<<   作成日時 : 2018/09/06 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

台風21号により関西空港と大阪・神戸は
大被害を受けたが、東南海大地震大津波
が発生したら、この程度の被害ではすま
ない。分かっているのは、30年前には、
東南海大地震大津波問題は語られていた
が、関空建設に東南海大地震大津波災害
を想定せずに作ったことだ。

何故なら、海底の地盤が軟弱で沈下する
ことが分かっていた。そして、関空が出
来てから約24年後に空港の地盤が4mも
沈下し、今も沈下し続け、これから24年
後には8m以上も沈下することが想定され
たのだ。

もし、想定どうりに8mも沈下すると、東
南海大地震大津波が発生したら、空港に建
てられている建造物は強烈な波に襲われ破
壊され、空港が再開するのには複数年を要
するだろう。

台風21号の被災修理に全力を投じるのは
当然だが、東南海大地震大津波に、即対応
出来る空港を作る事が最も重要だ。何故な
ら、東南海大地震大津波は今日、明日、1
年後、10年後、30年後、40年後には必ず
発生するからだ。以上。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
関西空港建設は東南海大地震大津波災害を想定していない。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる