普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 送電線を地下に設置する方法は此れしか無い。

<<   作成日時 : 2018/10/07 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

電柱は台風や地震で人間に危害をもたらし、
停電の確立を高くし、経済に大きな影響を
及ぼす危険物であるため、地上から撤去し、
地下に送電線を設置することが最良の方法
である。

地下に送電網を作る方法は、ガス、水道、
道路補修工事と平行して行うのが交通の妨
げを最小限にする最も効率的な方法である。
何故なら、道路は日本国中で毎日行ってい
るからだ。それも、地区の道路補修とガス、
水道工事は最長でも灼く10年か20年に1度
は行っているため、机上の計算上では、最
大20年もすれば各地区の地下送電施設は完
成する筈だ。無論、経費は莫大な金額なる
だろうが、送電施設を地下に設置すること
は絶対に必要不可欠である。

政府は、地下に送電網を張り巡らす政策を
早急に行うべきだ。以上。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
送電線を地下に設置する方法は此れしか無い。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる