普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 連合と連合傘下の組合には民主主義がないと多くの人が言っている。

<<   作成日時 : 2018/10/10 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

連合と連合傘下の労働組合には民主主義が無いと
多くの人たちが言っている。その絶対的証拠は、
立憲民主党などが国会で追求している森加計問題
である。

何故なら、連合と連合傘下の組合員の多くが森加
計問題を続けるべきでないと考えているからだ。
しかし、連合と連合傘下の組合員が支持してきた
野党は組合員の思いを無視して今も継続している。
これは、連合と連合傘下の組合の役員が労働者の
意見を抹殺している、即ち、連合と連合傘下の組
合は、民主主義て無く組合の役員による言論封じ
の独裁体制と言えるのだ。

連合と連合傘下の組合が民主的組合なら、支持政
党に多くの注文をつけるだろう、森加計を止めよ、
AIを奨めよ、労働者の賃金が低くなる移民や難民
と外国人労働者を入れるな、企業が保留している
資金でパートや派遣社員の賃金を上げよ、等の法
案を国会に提出せよと言うだろう。しかし、支持
政党がこれらの法案を出さないのは、連合と連合
傘下の役員が労働者の声を抹殺している証拠だ。

連合と連合傘下の組合の役員は労働者の声を全て
封殺する独裁体制で、労働者は報復を恐れて声も
出せないという者さえいるのだ。

今は、労働者を守る為には、使用者側より、まず、
連合と連合傘下の役員たちの民主化をすることが
最も重要だとの意見が多数を占めている。以上。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
連合と連合傘下の組合には民主主義がないと多くの人が言っている。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる