普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 外国人受け入れには外国人としての法律が必要だ。

<<   作成日時 : 2018/11/13 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

外国人受け受け入れには、
受け入れた外国人を外国
人と認める法律が必要だ。

人は誰でも、自国で働き、
助け合い、国を繁栄させ、
親子や親しい友と楽しく
語り合い、時々、外国へ
観光したいと思っている
それほど、人は国を愛し
てるのだ。

外国人を受け入れる場合
には、これらの思いに反
しない受け入れ方をしな
ければ此れからの世界で
は通用しなくなるだろう。

受け入れ方とは、受け入
れた外国人の外国籍を奪
わないこと。日本で生ま
れた子供の国籍も外国籍
(親の本国)にすること。
無論、人名も外国の人名
とする。

受け入れた外国人の日本
での地位は本国からの出
張社員、日本で働いた金
は本国に送り、本国を豊
かにし、老後は本国で余
生を送ること。

受け入れた外国人の健康保
険は、外国人を雇傭する企
業が合同で健康保険組合を
設置する。この保健組合の
保険制度は、積み立て預金
制度と併用し、非保険者が
保健組合に納入する金額は
雇傭者と非保険者(外国人)
の両者が五分五分とし、非
保険者が一度も保健証を使
って診療を受けていない者
は、日本を去る時には、積
み立てた金(納付金)全額
を払い戻す。しかし、保健
証を使っての医療を受けた
場合は、積立金から差し引
きされ、積立金より多額の
診療を受けた場合は、非保
険者本人が支払う。

例えば、外国人の非保険者
が月額平均1万円の保険料
を40年間納付していた場合
は、納付した全額の480万
円が払い戻され、本国に帰
ってからの老後の助けにな
るだろう。

以上の方式を用いれば、日
本国民に対して何の不都合
も生じず、外国人も、自分
の人権が守られ、日本で収
入が得られ、少しは本国の
為になっただろう。

日本政府は、外国人受け入
れを先行せずに、日本国民
と外国人の両者の為になる
法律を作るべきだ。

受け入れた外国人の国籍を
日本に移すことは、外国人
の人権と尊厳を傷つけるこ
とになるのだ。絶対に国籍
を奪ったり、人名を変更し
てはならない、以上。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
外国人受け入れには外国人としての法律が必要だ。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる