普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党は日本国民と外国系日本人の割合を7対5にする。

<<   作成日時 : 2018/11/19 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安倍政権と自民党と公明党と省庁は、
50年後、日本国民の総人口が7千万
人まで減るため、今の日本国民総人
口である1億2千万人を保つ為の手段
として、50年後迄に、外国人を5千
万人受け入れよようとしている。

即ち、50年後に、日本国民の総人口
は1億2千万人、日本国民総人口の外
国系日本人の割合を、人数に置き換
えると、日本系日本人が7千万人、外
国系日本人が5千万人にすると言う意
味である。それが実現した時には、日
本は今の米国以上に国が二分され大混
乱が発生するだろう。

そして、10年後には、外国系日本人
の人口が、日本系日本人の人口を超
え、日本人系日本人は少数派になり支
配される立場追い込まれるだろう。

安倍政権と自民党と公明党と省庁は、
日本国を外国系日本人に支配させる為
に、外国人を受け入れていると考える
のが正しい。そうでないと外国人を5千
万人も入れる筈が無い

或は、安倍政権と自民党と公明党と省
庁は、既に、外国系に占領されている
から、外国人を多数入れようとしてい
るのかもしれない。

日本国を日本人の手に取り戻す為には、
外国人受け入れを阻止し、自民党や公
明党を政権の座から引き下ろすし、全
国民主導の新しい政党を政権に就かせ
るしか無い。以上。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党は日本国民と外国系日本人の割合を7対5にする。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる