普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 外国人受け入れ決定は憲法と同様国民投票が不可欠だ。

<<   作成日時 : 2018/11/20 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本国に大量の外国人受け入れ法案
は、事実上、外国人が日本国民を統
治することになるため憲法に違反す
る。外国人を受け入れる為には、憲
法改正が不可欠である。憲法改正す
るためには、国民投票を行うことが
不可欠で、国会で決定するべき法案
ではない。

だが、安倍政権と自民党と公明党は
国民の専権事項である憲法改正を権
限の無い国会議員が多数決で決定し
ようとしている。これは、安倍政権
と自民党による独裁政治で、この独
裁政治は安倍総理の驕りが原因であ


安倍総理の外交は、損して損を取る
で未来に大きな負の遺産を残すため、
自民党は早急に安倍総理の代わりが
出来る総理を創るべきだ。

新しい総理の資格はトランプ大統領
に気に入られることと絶対に反米を
行わない人物で、日本国と日本人を
第一に考えるある人物である。以上。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
外国人受け入れ決定は憲法と同様国民投票が不可欠だ。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる