普遍のプログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 水道事業民営化には害有って何の益も無し。

<<   作成日時 : 2018/12/09 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

水道民営化には害有って何の利益も無し。
害とは、まず、現在雇傭している者たち
が失業し、他の職種に就く為に、水道技
術者が完全に居なくなり、民営の業者が
倒産したら、水道事業を引き継ぐ者がい
ないため長い間、水不足に泣かされるだ
ろう。

もし、水道事業を引き継ぐ者が現れても、
引き継ぐ条件は、倒産した企業が徴収し
ていた水道料金の2倍以上にしなければ引
き受けないと確実に注文をつけるだろ。
注文を断ったら、市民の水不足は続き、
人命に関わる為、水道料金を2 倍に引き
上げるしか無いのだ。

水道料金を2倍に引き上げても、三年も経
てば、また、経営が苦しいから水道料金を
引き上げると弱みに付け込むだろう。

水道料金を上げないと官と民が言ったら水
道業者は水道料金を引き上げないのなら倒
産すると脅かすのは明らかである。

また、水道業者は水質を悪くするだろう、
官民が水道業者に水質が悪いといえば、水
道料金が低いから、充分な設備が出来ない
と、水道料金の引き上げを条件にし、場合
によっては、水道事業から撤退すると脅か
すだろう。

このように、公営の水道事業を無くしたら、
水道の民営化が終わるまで、水道業者に脅
かされ続けるという悪循環が待っている。

都道府県市町村に願う事は、水道事業を民
営化しないことだ、特に、外国企業に水道
事業の参入を許してはならない。以上。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水道事業民営化には害有って何の益も無し。 普遍のプログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる