米国ロシア中国は、韓国北朝鮮との関係を絶つべきだ。

米国とロシアと中国は、韓国
と北朝鮮との関係を断ち捨て
るべきだ、何故なら、深入り
すると必ず裏切られるからだ。

韓国と北朝鮮に関わった国は
裏切られて馬鹿を見ることを
覚悟しなければならない。

馬鹿を最初に見たのは、日本
である、日本は、ロシアの進
出を食止める為に、朝鮮半島
を併合し、識字10%以下の国
民に教育を付ける為に、小学
校から大学まで作り、インフ
ラを整備し、経済を発展させ
た。だが、韓国は日本の努力
を認めずに、植民地にしたと
して日本を非難している。そ
れなのに、日本は愚かにも、
まだ韓国や北朝鮮に関わろう
としているのだ。しかし、韓
国併合が今日まで、韓国が日
本にした恩返しは、裏切りと、
非難と貶められた事だけだ。

日本の馬鹿を真似る国がある、
その国とは、三大武力大国で
ある米国と中国とロシアだ。

米国とロシアと中国は目を覚
ませ、なぜ、馬鹿を見るため
に韓国と北朝鮮に関わるのだ。
関わって良い事が有ったか、
悪い事が沢山あっても、良い
事は一つもなかった筈だ。悪
い事とは、米軍、ロシア軍、
中国軍の兵士が多くの血を流
し、命を失ったことだ。
だが、その見返りが有ったか、
なにも無い上に、今も関わっ
ている居るではないか。

米国、ロシア、中国は、韓国
や北朝鮮との係わりを断たな
いと本当に馬鹿を見るよ。
以上。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック